読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さいたま新都心ジャーナル

大宮と浦和に挟まれた新しい愛すべき街の情報をお伝えしてます。

ダサイたま、あるある -タモリさん-

先日笑っていいともの観覧に当たって、小さいころからの夢だった、

スタジオアルタへ観覧に行ってきました。

 

アルタのスタジオって、想像以上に小さい!

そしてタモリも小さかった~!

小さいおじさんです、ホント。

 

私の愛してやまないタモリさん。

ぶらタモリとか、タモリ倶楽部とかホント好きです。

 

「ダサイたま」

 

この埼玉県民にとって屈辱的な言葉は、

タモリさん考案の埼玉のネーミングだったとご存知でしたか?

 

かなり影響力をもつタモさんですから、

 

埼玉=「ダサイ」

 

のイメージは払拭できません。

 

これを踏まえて、埼玉を愛して行きたいと思うのですが、

なかなか「ダサイ」はインパクトあります。

 

旅行先で、「どちらからいらしたの?」なんて聞かれると、

「東京の方から・・」なんていってしまう訳です。

愛着がないかというとそういうことではないのですが。。

 

何でしょうね、この感じは。。。

 

ということで、NAVERまとめの中から、

ここが変だよ埼玉県民」のまとめを発見し、

あるあるとうなずいてしまったので、シェアしたいと思います。

 

ここが変だよ埼玉県人

 

愛すべき県ですよ、間違いなく。

 

タモリ論 (新潮新書)

コレいま一番読みたい本です。

タモリ論 (新潮新書)

 

 

 

新訂版 タモリのTOKYO坂道美学入門

タモさんと言えば坂ですよね~

新訂版 タモリのTOKYO坂道美学入門

 

 

なぜ、タモリさんは「人の懐」に入るのが上手いのか?

あのテレホンショッキングでの

誰とでもいい感じで仕上げるトークは抜群ですもんね。

 

 

 

なぜ、タモリさんは「人の懐」に入るのが上手いのか?

 

 

おしい広島県 ってご存知ですか?

有吉がPR大使となって、広島県のおしいところをアピールするんですが、

こういう自虐的な感じで

「ダサイたま」も売っていけばいいのになぁと思う今日この頃デス。

 

 

 

 

よろしければポチっとお願いします。

 

ブログ村ランキングに参加しています。

 

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ さいたま(市)情報へ