読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さいたま新都心ジャーナル

大宮と浦和に挟まれた新しい愛すべき街の情報をお伝えしてます。

8/21(水)【国指定史跡】見沼通船堀閘門開閉実演

毎日暑いですね。

お盆期間中、おやすみの方も多いかと思います。

海へ山へ、夏を楽しんでますか?

 

我が家はこの暑さに耐えきれず、

涼を求めて山の避暑地へ行って参りました。

エアコンいらず、朝晩は長袖さえ必要な場所。

素敵でしたー

残りの夏はさいたま新都心でがんばるぞ!

 

本日は、見沼区のイベントのご紹介デス。

見沼通船堀閘門開閉実演チラシ

見沼通船堀閘門開閉実演」

何て読むかわかります??

これだけ感じが並ぶと、中国人になった気分!

ネットで調べましたよ。。

 

 

「みぬまつうせんぼりこうもんかいへいじつえん」

 

と読むそうです。

 

見沼通船堀(みぬまつうせんぼり)は、見沼代用水(東縁、西縁)と芝川とを結ぶ閘門式運河である。1731年(享保16年)に作られた。

江戸時代後期から明治時代の内陸水運(見沼通船)で重要な役割を果たした。堀全体で4つの関(閘門)を持ち、閘門式運河では日本最古の部類に入る。-Wikipediaより引用

 

閘門とは、水位の低い川から高い川へ、移動するための門のことのようで、

とても珍しいモノのようですね。

 

タモリ倶楽部で知って以来、まさかさいたまにもあるとは思ってもみませんでした。

 

暑いさなかの開催となりますが、

お子様の自由研究のラストスパートに、さいたまの歴史探検に、

見学に行かれてはいかがでしょうか?

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

日時:平成25年8月21日(水)

   1回目‥午前10時~/2回目‥午後1時~ (所要時間:約1時間30分)

URL:http://www.city.saitama.jp/www/contents/1147413383674/

会場:見沼通船堀東縁閘門

   (緑区大間木・下山口新田)

交通:JR武蔵野線東浦和駅から徒歩約15分

お問合わせ先:

教育委員会事務局 生涯学習部 文化財保護課 

TEL 048-829-1723 FAX 048-829-1989

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━